みんなもう始めてる?今さら聞けない、電子タバコってどんな種類があるの?

リキッド式電子タバコ

本体にリキッドと呼ばれる液体を充填して使用するのが、リキッド式電子タバコです。国内では一般的に、このタイプのものが電子タバコと呼ばれています。本体のメンテナンスなどの手間はかかりますが、リキッドのみを買い足していけば良いため、電子タバコの中でも最もコストを抑えられるのが魅力です。ただし、ニコチンを含むリキッドの販売は禁止されているため、ニコチン入りのリキッドは海外から個人輸入する必要があります。

使い捨て式電子タバコ

本体そのものが使い捨てになっているものが使い捨て式電子タバコです。使い捨て式なので、当然リキッド交換などの手間はありません。吸い終わったら捨てるだけという、普通の紙巻きタバコに近いイメージで使用することができるため、電子タバコ初心者でも手軽に試すことができます。1本1000円前後と紙巻きタバコより高価ですが、紙巻きタバコと違って何度も吸えるので、紙巻きタバコよりもコスパが抑えられる傾向にあります。

カートリッジ式電子タバコ

カートリッジ式電子タバコはリキッドの入った専用のカートリッジを交換して使用します。使い終わったらカートリッジだけ交換すれば良いので、使い捨て式電子タバコよりはコスパを抑えることができます。ただ、専用のカートリッジを使用しなければならないため、選べるリキッドの種類が限られてしまうというデメリットがあります。つまり、リキッド式ほど手間がかからず、使い捨て式ほどお金がかからない、リキッド式と使い捨て式の中間的な位置にあるのが、カートリッジ式電子タバコなのです。

電子タバコは多くの場合充電を必要とします。別途充電器を持ち歩く必要がありますが、充電器の充電が切れないよう注意が必要です。