地球に優しさを!「屋上緑化」がもたらす効果

小さな取り組みで始まる環境改善

屋上に物を置くこともなく、上ることもなく、夏は熱々、冬は寒々で放置されたままであればぜひ検討してほしいのが「屋上緑化」です。

屋上緑化の効果には大きく分けると2つのメリットがあります。

一つは夏季の断熱と冬季の保温、建築物の保護や緑化による人間の心身ケアという個人が得られる効果と、もう一つはヒートアイランド現象の緩和や省エネといった熱環境の改善や空気の浄化という社会的効果です。

植物による蒸散作用には室内温度などの環境改善の他、社会全体の環境改善の効果と省エネの経済効果が期待できます。

大地の上に建物を建てたのですから、その建物の未使用スペースに大地を作って緑化し、環境保全の一環とすることができれば地球に優しい貢献ともいえますね。

屋上緑化を可能にする「屋上庭園」

緑化といってもどうしたら良いのかイメージが湧きませんが、屋上に庭を作ると考えると想像が大きく膨らんできます。芝生を植え、ウッドデッキや観葉植物でガーデニングをするイメージだと緑化も楽しい趣味になってきます。

屋上を緑化(庭作り)をするためには防水をして屋上のコンクリートを保護する必要がでてきますが、今は防水にも様々な種類が開発され、雨水を利用して管理の低減ができる防水設備や、コストをかけずにDIYができる方法も数多くあります。

また、大きな工事やリフォームをせずとも鉢植えを並べることから始められる屋上緑化は、デッドスペースをガーデニングという楽しいエッセンスを加えることによって快適な屋上の創造と環境改善への貢献に繋がっていきます。

環境にも心身にも優しい屋上緑化。屋上を華やかさと緑の豊かさで彩っていけたらステキですね。

建物の屋上部分を緑で覆う屋上緑化は景観が良くなるだけではなく、断熱効果も期待出来るので省エネにもなるとして注目されています。