メリットとデメリットを比較検討!ペットの買い方

餌や飼育用品も検討できる!ペットショップで購入する

ペットショップでは生体の他、餌や飼育用品も一緒に買えるので便利です。また、犬・猫の場合にはワクチン接種や寄生虫予防などのオプションがついてくることもあります。デメリットは生体の価格が高いことで、犬・猫では数万~数十万円にもなります。また、ペットショップの飼育環境が悪いと生体が感染症や寄生虫に感染していることがあります。ペットショップでペットを購入する際は、まず環境が衛生的かどうか、補償制度はしっかりしているかなどを調べてから購入しましょう。

信頼できるブリーダーから購入する

ブリーダーから購入する場合、ペットがどのような環境で生まれ育ったのか、また遺伝病などの病気を持っていないか確認しやすいことがメリットです。デメリットは、ペットショップと同じく生体の価格が高いことです。一般的にブリーダーは純血種のみを扱っているので、生体の価格は数万~数十万円におよぶものもいます。また、まれに悪質なブリーダーの場合には飼育環境が劣悪だったり遺伝病の検査などをしていなかったりする業者もいます。ブリーダーからペットを購入する際も、この点はきちんと確認しておきましょう。

殺処分を少しでも減らすために保護施設から譲り受ける

犬・猫の場合、保健所や動物愛護団体などから譲り受けることもできます。生体の価格は基本的に無料で、民間の保護団体の場合はワクチン接種などを済ませていることが多いです。こうしたメリットの以外にも、保護団体から譲り受けることで動物の殺処分を減らすことができるという社会的な意義もあります。デメリットは譲渡される生体のこれまでの経緯や親猫の情報がわからないケースが多いので、遺伝病をはじめ病気を持っている可能性があることです。譲り受けたら動物病院で検査を受けることをおすすめします。

都内では自然の中で育てられているブリーダーは数少ないです。東京近郊で自然に囲まれ、のびのびと育てられている子犬販売なら神奈川県、わざわざ遠くの県まで足を伸ばさず探すことができて便利です。